社会福祉士兼ライターの紙月日記

社会福祉士資格を持つライターが、社会保障に関するニュースや時事ネタ、娘の新生児脳梗塞などについて書くブログ

時事ニュース

統一地方選終了! あのマイノリティ候補はどうなった?

昨日4月26日は統一地方選後半戦の投開票日でした。

全国の多くの自治体で首長選や議員選がおこなわれ、
新しい議員も誕生しました。

以前こちらのエントリーでもお伝えしましたが、
個人的に注目していた候補もいましたので
今日は結果がどうだったのかを取り上げます。

スポンサーリンク

「筆談ホステス」はトップ当選

まず、私もこちらのエントリーで取り上げた
「筆談ホステス」こと斉藤里恵さんですが、
なんと東京都北区議選で6630票を獲得し、
見事トップ当選を果たしました!

言葉での訴えができない中で選挙戦を戦い抜き、
マイノリティの立場で何をしてくれるのか
有権者が大きな期待を寄せたということでしょう。

以前も「彼女が当選することで起こる化学反応は刺激的だ」
と書きましたが、実際にこれから起こることは
楽しいことばかりではないでしょう。

議会の多数派からないがしろにされたり、
何も変わらない現状に絶望してしまうことも
あるかもしれません。

マイノリティの代表として挑戦し、
見事に結果を残した彼女に対して、
北区議会がどんな反応を示していくのか
注目したいと思います。

渋谷区では同性パートナー条例推進の区長が当選

東京都渋谷区では先日、同性カップルに対して
結婚に準じる関係を認める「同性パートナーシップ条例」

ができました。

しかし、渋谷区は統一選後半で区長選が行われることになっていたので
結果次第では、条例が撤回される可能性もありました。

こちら、結果は条例推進を訴える長谷部健さんが初当選
このまま同性カップルに優しい施策は続いていきそうです。

続いて、こちらのエントリーでご紹介した、
戸籍上は男性ながら、性同一性障害を抱えているため
女性として名古屋市議選に立候補を届け出た安間優希さん

こちらは統一選の前半戦に立候補されたのですが、
結果は572票で落選されてしまったということです。
残念ですが、また次なる一手を見つけて頑張ってほしいです。

他にもいろいろご紹介したい人たちもいますが、
統一選の後半戦は、まだこの時間になっても
結果がきちんとアナウンスされていなかったり
開票自体が翌日(つまり今日)回しになっていたりしますので、
また後日、続きを書きたいと思います。

それでは!

-時事ニュース
-,

Copyright© 社会福祉士兼ライターの紙月日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.