社会福祉士兼ライターの紙月日記

社会福祉士資格を持つライターが、社会保障に関するニュースや時事ネタ、娘の新生児脳梗塞などについて書くブログ

福祉のはなし

「知的障害者のパンクバンド」という、とにかくロックな存在

「精神科施設のメシはまるで豚のエサ」
「いつかグループホームを爆破してやる」
「少しばかりの敬意と平等が欲しい」
「権力者はペテン師だ 俺たちを閉じ込める」

これは、決して僕が思っている内容ではなく、
フィンランドのパンクバンドが歌っている曲の歌詞だ。

「Pertti Kurikan Nimipäivät(ペルッティ・クリカン・ニミパイヴァット)」
というバンドなのだが、タイトルにも書いた通り、
このバンドはメンバー4人全員が知的障害者である。
作詞・作曲もメンバーの一人がこなしている。

つまり、バンドが歌うこの歌詞は、
知的障害者たち本人の心の叫び、ということになる。

スポンサーリンク

先入観をぶち壊すパンクな映画

僕がこのバンドを知ったのは、山形国際映画祭で
「パンクシンドローム」という映画を見たから。

punk_back
(画像は上記のサイトより引用)

大した事前情報もなく見たのだけど、
「なんだこれ、やべぇ!」とかなり心が揺さぶられた。

何というか、あまり障害者についてよく知らない人にほど見てほしい。

「障害者ってかわいそう」
「弱い立場だから守ってあげなくちゃ」

建前はどうあれ、多くの人の心の奥にきっとあるこんな思いを
バッキバキに壊してくれると思うから。

映画に出てくるメンバーは、
けっこう怠惰で、性欲に正直で、すぐ喧嘩をする。
生活するうえである程度のサポートは必要だけれど、
要は、その辺にいる普通のオトナとおんなじだ。

映画を見るか、彼らの音楽を聴けばきっと、
あれ、なんか思ってる障害者像と違うな?
実は俺って本当の障害者について、なんも知らないんじゃないか?
…って心がざわつくはず。

彼らの音楽が良いのか悪いのかは
僕は普段ほとんど音楽を聴かない人なので
いまいち評価ができないけれど、

情熱に従い、ありのままを叫んで歌うのが「ロック」なら、
彼らの曲はまさしくロックでパンク間違いない。

そして、その歌詞が人の内面をざわつかせるという意味では、
やっぱり良い音楽なんじゃないかな、と個人的には思う。

映画は最近になって全国でもぽつぽつ公開されているようなので
機会があればぜひご覧あれ。

-福祉のはなし
-,

Copyright© 社会福祉士兼ライターの紙月日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.