社会福祉士兼ライターの紙月日記

社会福祉士資格を持つライターが、社会保障に関するニュースや時事ネタ、娘の新生児脳梗塞などについて書くブログ

福祉のはなし

性的少数者(LGBT)の就活のいまを考える

4月に入って、街中ではリクルートスーツに身を包んだ
就活生を見る機会がぐっと増えました。

普通の就活生にとっても、初めて経験する就活のなかで
頭を悩ませることがいっぱいあると思いますが、
性的少数者(LGBT)の学生は、さらに困難を強いられます。

「自分がLGBTであることをカミングアウトするかどうか」

「カミングアウトしたら落とされるのではないか」

そんな悩みにさいなまれることが少なくありません。

スポンサーリンク

そもそもLGBTって?

LGBTとは、レズビアン(女性同性愛者)、ゲイ(男性同性愛者)、
バイセクシャル(両性愛者)、トランスジェンダーのこと。

トランスジェンダーはwikipediaだと「性転換者・異性装同性愛者など」
って書かれてますが、そうまとめるのはちょっと違和感があって、
「心と体の性の不一致」「自身の生物学的な性とは異なる性自認を持つ人」
くらいな感じでしょうか。

こうした性的マイノリティの人たちを、
それぞれの頭文字をとってLGBTと呼称しています。

LGBTの就活、何が大変なの?

で、LGBTの就活って何が大変なのかを改めて書くと、
まず服装が大変です。

特にトランスジェンダーの人の場合、
見かけは女性でも自分の認識は男性、といったケースがあります。

日本の就活生はまだまだほとんどの場合、
男女によってほぼ定型化されたリクルートスーツに身を包みます。

そうなると、性自認は男性でも女性の服装をしないといけないので、
就職活動自体が非常にストレスフルなものになってしまいます。

エントリーシートの性別をどうするかにも困るでしょうし、

面接で自分のことを話すように言われたときも、
本来ならトランスジェンダーであることは、
その人の人生の価値観に大きな影響を与えているはずですが、

カミングアウトしない限り本音が答えられず、
結果、面接で嘘をつき続ける羽目にもなりかねません。

こうしたように、普通の学生なら特に問題に感じないところで、
LGBTの就活生たちには大きなハードルがある
のです。

少しずつ支援の動きも出始めている

こうした状況を変えようと行動している人たちもいます。

その一つが、LGBTへの理解を広めようと
啓発活動に取り組んでいるNPO法人Re:Bit

「互いの違いを受け入れられる社会」の創出を目指して
様々な活動に取り組んでいて、自分たちのしたい格好で参加する
「LGBT成人式」などユニークなイベントも開催しています。

そのRe:Bitが2013年度から行っているのが「LGBT就活」
LGBTの社会人やLGBTに理解のある人たちを招いて、
自分らしく働くこととは、を参加者と一緒に考えています。

企業の側にもLGBTに配慮する動きが出ています。

今年はもう終わってしまったようですが、
外資系企業を中心に金融業界が開いている
「LGBT学生のための金融業界セミナー」
があるほか、

自然化粧品会社の「ラッシュジャパン」では、
届け出があれば社員の同性カップルに結婚祝い金を支給し、
結婚休暇もとれる制度を設けています

携帯電話のソフトバンクも、住所を同じにしていると証明できれば
LGBTのカップルであっても家族割が使えるようになっているなど、
理解がある先進的な企業が少しずつ増えている印象です。

LGBTは5.2%で市場規模は5.7兆円?

電通総研によるLGBTに関するネット調査(原本はこちら)によると、
調査対象になった6万9789人のうちLGBTの出現率は5.2%
内訳は、L:0.1% G:0.3% B:0.7% T:4.1% でした。

このデータをもとに、週刊ダイヤモンドが
「日本人の5.2%がLGBTなら、国内の市場規模は5.7兆円だ」
とする試算を出しています。(詳しくはこちら

市場規模の計算が適正なものなのかは判断しかねますが、
それが正当なものなら、インパクトは絶大。
企業側にも、この層への配慮をしていく動機づけになるかもしれません。

さらに、人口の5%もLGBTがいるのだとすれば、
就活などの社会システムも、そこを踏まえたように改良していくことが
必要であることは間違いありません。

政治の世界でも超党派議連が登場

そういう状況を踏まえて、といえるのか、
政治の世界でも動きがありました。

LGBTへの差別をなくすことため、法的な課題について検討する
超党派議連が発足し、3月に初会合が開かれました。

この「チョートーハギレン」ってのは、なんかの呪文みたいですけど、
簡単にいうと「大事なテーマだから、自民党とか民主党とか関係なく
関心のある議員が集まって課題を考える集まり」のことです。

具体的な動きはまだまだこれから、ってところですが、
将来的には国政レベルでも何か進展があるかもしれません。

1日でも早く対策を始めるべきだ

こうした問題は、たとえ解決に向けて動き始めても
数年で結果が出るものではありません。

小さい頃から正しい知識を教え続けることで
長い年月をかけて偏見の芽を摘んでいく。
そんな20年先を見据えた気の長い取り組みが不可欠です。

今はじめても遅すぎますが、今はじめないと間に合わない。
放置すれば我慢を強いられる人が増え続けるだけです。

国政レベルも民間レベルも含めて
もっと真剣にこの問題に向き合う強い覚悟が、
これからの社会には求められていると思います。

-福祉のはなし
-,

Copyright© 社会福祉士兼ライターの紙月日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.