社会福祉士兼ライターの紙月日記

社会福祉士資格を持つライターが、社会保障に関するニュースや時事ネタ、娘の新生児脳梗塞などについて書くブログ

福祉のはなし

東田直樹さんという自閉症世界の通訳者

日付が変わってしまいましたが、昨日は4月2日。
こちらのエントリーでも紹介した通り、
世界自閉症啓発デーでした。

ニュースを見ると、東京の表参道は結構盛り上がったみたいですね。
(写真が転載不可だったのでコチラをどうぞ)

さて、せっかくなので自閉症に関する話題を。

東田直樹さんという人を知っていますか?

僕はNHKの番組を見ていて知ったのですが、
東田さんは自閉症を抱えていて、その存在に最近注目が集まっています。

今日はそんな東田さんについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

必見!「君が僕の息子について教えてくれたこと」

僕が見たNHKの番組というのが、
「君が僕の息子について教えてくれたこと」
と題したドキュメンタリーです。

東田さんは、13歳だった2007年、
「自閉症の僕が飛び跳ねる理由」という本を書きました。

higashida

Q&Aで書き進められているこの本は、
自閉症の人々にとって多くの人が感じる疑問に対して
東田さん自身が考える答えを書き綴っています。

出版当時はそれほど話題にならなかったそうですが、
この本に感銘を受けたアイルランドの作家が英訳したことで
いまや世界中で注目を集めているそうです。

なぜその作家は、わざわざ東田さんの本を英訳したのか。

それは、この作家さんに、自閉症を抱える息子さんがいたから。

後述しますが、東田さんの本には、自閉症を持っている自分が
普段どんなことを考えているのか、どう感じているのか
その世界の一端が書かれています。

作家は東田さんの本を読んだとき、
これまでしっかりと理解できていなかった自分の息子が、
東田さんの本を通じて自分に語り掛けているかのように感じた
そうです。

東田さんとこの作家さんの交流を記録したこのドキュメンタリー、
とっても良いできで、たまたま見ていた僕は
食い入るように見入ってしまいました。

NHKオンデマンドなどでも見られますので
興味のある方にはご覧になることを強くお勧めいたします。

東田さんの本は自閉症の世界の「通訳」

で、そんな映像を見せられると、やっぱり本も読みたくなるもの。

さっそくアマゾンで注文しましたが、同じことを考える人が多かったのでしょう、
発送されるまでにずいぶんと待たされました。

実際に届いた本を読んでみると、
確かにこれはすごい! と思わせられます。

ちょっとだけ、中身の記述を紹介します。

Q「いつも同じことをたずねるのはなぜですか」

A「僕はいつも同じ事を聞いてしまいます。(中略)どうしてかというと、聞いたことをすぐに忘れてしまうからです。(中略)物事がわかっていないわけではありません。記憶の仕方がみんなとは違うのです

Q「小さい子にいうような言葉使いの方がわかりやすいですか」

A「僕たちだって成長しているのに、いつまでたっても赤ちゃん扱いされます。(中略)赤ちゃん扱いされるたび僕はうんざりするのです。(中略)みじめな気持になり、僕たちには永遠に未来は訪れないような気がします

自閉症の人たちの世界を正確に理解することは困難を極めます。
言語での明確なコミュニケーションが難しく、
思いをはっきりとつかみとれないからです。

それが、東田さんの本では、
あくまで彼が考えていることではありますが
自閉症の人々がどんな世界で生きているのか
そのヒントを知ることができます。

自閉症の人たちは、とっても誤解されやすいです。

突然動いたり、奇声をあげたり。
事情を知らない人からみると、思わず避けたくなるかもしれません。

かくいう僕も、自閉症に対してとっても無知でした。
社会福祉士の実習で初めて近くで触れ合って
どう振る舞えばいいんだろうと、ちょっと悩んだことを覚えています。

悪意はなくても、そうした無知の積み重ねが、
自閉症の人たちに対する不寛容や、
偏見につながっているのかもしれません。

知らないことには、人間の行動は変わりません。

その点、東田さんの本はとっても簡単な言葉で書かれていますし、
未知だった自閉症の世界をわかりやすく通訳してくれます。

今回の自閉症啓発デーで少しでも自閉症に関心を持った方がいたら、
もう少し知識を深めるために、東田さんの本を読んでみてはいかがでしょうか。

-福祉のはなし
-

Copyright© 社会福祉士兼ライターの紙月日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.