社会福祉士兼ライターの紙月日記

社会福祉士資格を持つライターが、社会保障に関するニュースや時事ネタ、娘の新生児脳梗塞などについて書くブログ

福祉のはなし

頑張れドラえもん! 大山のぶ代さんが認知症で闘病中

「国民的アニメ」と言われて思いつくモノは
いくつかあると思いますが、

そのうちの一つは、間違いなくコレでしょう。

doraemon

そう、みんな大好きドラえもんです。
(画像はテレ朝のサイトから引用)

今のちびっ子たちは違うんでしょうけど、
僕が子どもだったころ、
ドラえもんの声優は大山のぶ代さんでした。

ooyama
(画像はこちらのサイトから)

声優が変わったのは2005年4月だそうで、
もう10年以上経つんですね。ちょっとびっくりです。

何にせよ、「ボクドラえもん!」というあの独特な声が
僕にとってのドラえもんの記憶そのものです。
(文字にすると何のことだかわかりませんが。笑)

スポンサーリンク

旦那さんが告白 現在認知症で闘病中

その大山さんの旦那さんがラジオ番組に出演して
現在大山さんが認知症で闘病中であることを打ち明けました。

大山さんは08年に脳梗塞を患っていて、
旦那さんは「その後遺症だと思って病気に気付かなかった」
と話されたそうです。

いまは自宅で、大山さんの闘病生活をサポートしているということでした。

認知症と闘う家族の皆さんの多くがそうであるように、
旦那さんの心の中には

「もっと早く気付いてあげられれば」

そんな気持ちもあるのではないかと想像しますが、
大事なのはこれからの時間です。

認知症は、治療で完治することはない病気ですが、
周りの支援の仕方次第で、進行を遅らせることはできます。

ご本人は声の仕事を続けたいと考えていらっしゃるそうで、
ぜひ、病に負けず、いつかは病の経験を糧にするくらい意気込みで、
毎日を過ごしてほしいと思います。

またあの声で、今度は大山さん自身のメッセージが聞けることを
楽しみにしています。

-福祉のはなし
-,

Copyright© 社会福祉士兼ライターの紙月日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.