*

弁護士費用もカバー! 知的・発達障害児を守ってくれる傷害保険が登場

知的・発達障害のある子どもたちは時々、
何かに驚いて大きな動きをした結果、モノを壊してしまったり
他人にけがをさせてしまったりすることがあります。

さらに、自分がけがをさせるだけではなく、
周りから虐待を受けたり、思わぬトラブルに巻き込まれることも。

そんな状況から子どもたちを守るための保険が
この4月からスタートしたのを知っていますか?

今日はその保険についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ぜんち共済の「ぜんちのこども障害保険」

その保険というのが
ぜんち共済の「ぜんちのこども障害保険」

zenchi
(画像はHPより)

満5~18歳までで、特別支援教育を必要としている人であれば
誰でも加入が可能
な保険です。

一般の傷害保険と同様の入院保険や通院保険が出ることはもちろん、

他人にけがをさせたりモノを壊したりしてしまった場合に
最高で1000万円まで賠償責任保険金が出ることや、

虐待や消費者被害などのトラブルにあった際に、
弁護士や司法書士への相談費用や委任費用をカバーする
「権利擁護費用保険金」も用意
していることなどが特長です。

特にこの権利擁護費用の保険金は、
子どもたちが被害者になった場合の救済手段につながる
と思いますので、なかなか良いサポートですよね。

特別支援学級の児童生徒も対象に!

さらにさらに注目すべきなのが、その対象範囲の広さ。

先ほどもあげたように5~18歳なら誰でも加入できるので、
従来は特別支援学校に通う子どもしか対象にならなかったところが
特別支援学級に通ったり、通級指導を受けたりする子どもたちも
保険の恩恵にあずかれるように
なりました。

特別支援学級に通う児童・生徒数は
2004年度の9万1千人から2014年度は18万7千人と
10年間で倍増
しているんだとか。

まさに時代の要請に応じた保険なのかもしれません。

運営主体は「知的障害者のために生まれた組織」

このぜんち共済という会社、あまり聞きなれませんが、
全国の知的障害者やその関係者の福利厚生を担うため
2000年に誕生した「全国知的障害者共済会」が前身。

障害のために十分な社会的サポートを受けてこられなかった人々に対して
当事者に近い立場から、様々な支援制度を手掛けてきました。
(2006年に「ぜんち共済株式会社」に組織変更)

今回紹介した保険も月々の保険料が1100円と低額に抑えられていて、
多くの人の生活を支えてくれそうです。

もっと細かい補償内容や保険の申し込みについては
こちらの公式ページをご覧ください。

知的障害や発達障害が原因で困っている人たちにとって
役に立つ保険に成長していくことを願っております。

ではまた明日。

アドセンスサイドバー


関連記事

「老後の介護は地方都市で」という”姥捨て”政策

日本創生会議の衝撃的な提言 2025年の東京圏(東京、埼玉、千葉、神奈川)の介護需要は 20

記事を読む

overwork

過労死をなくす覚悟、ホントにあるの? 過労死防止大綱(素案)に物申す

今日も働き方に関する話題を。 4月6日に厚労省が、「過労死防止大綱」の素案を公表しました。

記事を読む

社会的擁護を考える「タイガーラジオ」、本日スタート

児童養護施設や乳児院など、社会的養護を受ける子どもたちを 支援する、「タイガーマスク基金」というN

記事を読む

「知的障害者のパンクバンド」という、とにかくロックな存在

「精神科施設のメシはまるで豚のエサ」 「いつかグループホームを爆破してやる」 「少しばかりの敬意

記事を読む

kaimono

買い物弱者「推定700万人」! 知っておくべき「都市型」ケースとは

2014年の買い物弱者は700万――。 そんな驚きの推計結果が公表されました。 いったいなぜ

記事を読む

4月2日は自閉症を知る「Warm Blue」 誰かをあたためる青もある

一般的な知名度はそれほどないような気がしますが、 実は4月2日は国連が定めた「世界自閉症啓発デー」

記事を読む

川崎簡易宿泊所火災 再発防止に「スプリンクラー設置」は有効か

神奈川県川崎市の簡易宿泊所で17日未明に火災があり、 2棟が全焼、5人が死亡しました。 燃え

記事を読む

kodomo

ギリギリの人数で障害児を見守る、綱渡りの療育現場

本当に残念なニュースが入ってきました。 大阪・豊中市で2月末から行方不明だった6歳の男児が

記事を読む

ブラック企業に要注意! マンガで学ぶ労働法Q&A

本日も仕事に関する話題を。 厚労省のサイトを見ていたら、 ちょっと面白そうな資料をみつけまし

記事を読む

その交通事故、緑内障が原因かも?

以前、こちらのエントリーで 40歳以上の20人に1人は緑内障であるらしい という統計についてお知

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

アドセンスサイドバー

  • 【紙月】
    紙媒体を中心に書くライター。
    福祉業界での実務経験がない中で、
    社会保障制度を詳しく学びたいと
    社会福祉士めざして一念発起。
    仕事の合間を縫って効率的な勉強法を実践し、
    第27回試験に一発合格。
    ツイッター @kamitsuki2



    にほんブログ村 介護ブログ 社会福祉士へ
    ↑ブログランキング、ぽちっと参加中!
  • 社会福祉士受験生の方や福祉関係の方など、
    ぜひ登録お願いします!
    follow us in feedly   RSS
PAGE TOP ↑