*

【ニュース解説】国民健康保険の運営を都道府県に移管 メリットは?

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 時事ニュース , , , ,

政府が方針を閣議決定

かねてから議論されていた、市町村が担っている
国民健康保険(国保)の運営を都道府県に移管する方針について、
3日に政府が閣議決定しました。

要は、政府が
「今まで色々議論してきましたけど、正式にこの方針でいきます!」
と決めたということですね。

あとはいま開かれている国会に法案が提出、可決されれば、
2018年度からの移管が実現することになります。

今後の社会福祉士試験受験を目指すみなさん。
これは結構大きなニュースなので、
何が理由なのか、しっかり押さえておきましょう。

特に今回は似通っていてややこしい用語が目白押しなので、
丁寧に違いを書いていきたいと思います。

そもそもこの保険ってどんな制度?

いきなり本題に入りたいところではありますが、
結構めんどくさい説明が必要なテーマでもあるので、
まずは現在の制度の状況から確認していきましょう。

医療保険には3種類ある

みなさんが病気になると、病院に保険証を提出します。
そうすることで安く治療が受けられますよね?
この仕組みが「医療保険」です。

この医療保険は、大きく3種類に分類できます。
「被用者保険」「国民健康保険」「後期高齢者医療制度」です。

違いを簡単に説明すると、

被用者保険
企業で働いている人や公務員などが加入する保険。
たとえば専業主婦の場合、旦那さんの加入している被用者保険に
一緒に加入するのが一般的です。
「健康保険」や「船員保険」なんかはこの被用者保険の一種ですね。

国民健康保険
被用者保険に入っていない人が、住民登録のある市町村で加入。
自営業や農業、企業を退職した人などが該当します。
今回話題になっているのはコレです。

後期高齢者医療制度
75歳以上の人、もしくは65歳以上75歳未満の一定の障害認定を受けた人が加入。
①と②に該当する人でも、75歳以上を超えるとみんなこちらに移ります。
ただ、今回の話とはあまり関係なし。

こんな感じです。

「保険者」と「被保険者」って?

そして、この医療保険という仕組みは、
それぞれの保険について「保険者」と「被保険者」が存在します。

名前がややこしいので覚えづらいんですが、
保険者は、その医療保険を運営している母体
都道府県や市町村、企業などがあります。

そして被保険者は、その健康保険に加入する人。つまり私たちです。

まとめると、保険者が被保険者から保険料を集めて運営しているのが、
各種の医療保険、ということになります。

国保についてもう少しだけ説明

ここまで理解してもらえたところで、
国民健康保険について、もう少しだけ説明を。

実は国保の中にはさらに二つ分類があります。
市町村が保険者になっている「市町村国民健康保険」と、
医者や弁護士、理美容師など、同じ業種の人たちが共同で組織を作って
その組織が保険者を務める「国民健康保険組合」です。

これも名前がややこしいのでお間違いなく。
「市町村国民健康保険」と「国民健康保険組合」があって、
今回話題になっているのは、前者の「市町村国保」です。

これで前提条件はすべてOKです。
いよいよ本題に入ります。

運営を移管することの狙いは?

市町村国保の運営は3000億円以上の赤字

改めておさらいしておくと、今回政府は、市町村国保について、
その運営を「市町村」から「都道府県」へ移管することにしました。
つまり、保険者を都道府県に変更する、といっているわけです。

なんでこんなことが必要なんでしょう?

それは、市町村国保は運営が赤字で大変だからです。

厚労省が1月に発表した、2013年度の市町村国保の財政状況(速報値)によると、
13年度だけでみると、収入は13兆9521億円だったのに対し、支出額は13兆9315億円。
そこからさらに国庫支出金精算額なんかを考慮すると、
(↑この辺は細かいので理解しなくてまったく問題ないです)
単年度の収支の差額はプラス405億円だったそうです。

これだけみると、「あれ? 収入の方多いんじゃん」となるんですけど、
実はこの収入には、保険者の市町村が
「被保険者から集めた保険料だけだと保険運営ができない」
という理由で、税金から繰り入れているお金が含まれています。

その市町村が繰り入れているお金が、13年度は3544億円あり、
さきほどの405億円からその分を引くと、
結局、市町村国保の赤字額は3139億円というえらい額になるのです。

保険料収入は伸びず、医療費はかさむ構図

なんでこうも赤字がかさんでしまうかと言うと、
市町村国保の加入者は、経済的に苦しい立場の人が少なくないことが一因です。

まず、安定収入が見込める企業勤めや公務員などの場合、
先ほど説明した被用者保険に加入することになります。

次に、自営業などの人たちは国民健康保険に入るわけですが、
多くは同業者でつくる「国民健康保険組合」の方に加入します。

企業を退職した75歳未満の人などは、今のところどこにも含まれませんが、
日本は国民皆保険制度なので、
みんな何かの医療保険に加入しないといけません。
なので、そうした人々が市町村国保に入る、ということになります。

入ってくる保険料は伸び悩んでいるのに、
市町村国保は高齢の人を多く抱えているので、医療費はかさみます。
そのうえ市町村という小さい単位で運営しているので、
どうしても赤字体質から抜けられない、ということなんです。

都道府県に移管して「大規模のメリット」を活かす

やっとここまできました。
都道府県に移管することで、少なくとも運営の規模が大きくなります。
様々な事務の効率化も見込めるため、運営は今よりは安定する
…と言われています。

ただ、運営を都道府県に移管しても、赤字が解消するわけではありません。

都道府県側も「赤字なのに引き取るのは嫌だ」と国に言ってきたこともあり、
国は移管に際して、国からの市町村国保への財政支援の額を
これまでより計3400億円増やします。

その財源には消費税収入を見込んでいるほか、
大企業などが保険者になっている「健康保険組合」や
公務員が加入する「共済組合」(どちらも被用者保険の一種)に、
今よりも高齢者医療に対して負担する金額を増やしてもらい、
その分で浮いたお金を回す、という制度設計になっています。

つまり、健康保険組合や共済組合の加入者にとっては
負担が増える
、ということになります。

以上、市町村国保の都道府県への移管に関する説明でした。

アドセンスサイドバー


関連記事

meisui

【政治】興味がわかない統一地方選挙が少しだけ楽しくなる方法

4月3日は実は、統一地方選の告示日でした。 全国41の道府県議選と17政令市議選について、

記事を読む

airplane

ジャーマンウイングス機墜落事故 ますます厳しくなる精神疾患への目線

ドイツの格安航空会社ジャーマンウィングスが運営する、 バルセロナ発デュッセルドルフ行きの飛行機が墜

記事を読む

どうなる、大阪都構想!? マスコミの支持率調査結果まとめ

いよいよ17日に迫った大阪都構想をめぐる住民投票。 大阪市民としては、この街がどうなる

記事を読む

tsuitousiki

東日本大震災四周年追悼式 遺族代表の言葉を刻む

昨日あった政府主催の東日本大震災四周年追悼式。 その内容が本当に胸に刺さりました。 式典では

記事を読む

daruma

統一地方選終了! あのマイノリティ候補はどうなった?

昨日4月26日は統一地方選後半戦の投開票日でした。 全国の多くの自治体で首長選や議員選がおこな

記事を読む

yasai

震災4年 食品の放射線リスクをめぐる対立のいま

3月11日。東日本大震災から4年。 「もうそんなに経ったか」という思いもありますが、 被災地

記事を読む

meisui

投票が気になって仕事に手がつかない

本日は5.17、大阪にとっては歴史的な投票日。 僕ももちろん投票にいきました。 普段の選

記事を読む

carp

「広島カープの躍進が続けば広島県民の残業が減る」という超理論

いよいよプロ野球が開幕いたしまして。 そして昨日はなんと、あの待ちに待った、 広島東洋カープのミ

記事を読む

大阪都構想、勝敗を分けたシルバーデモクラシー

これまで何回か書いてきた大阪都構想の結果が出ました。 賛成 69万4844票 反対 70万5

記事を読む

black

厚労省が「ブラック企業」の企業名を公表へ

読売新聞より。 違法繰り返す「ブラック企業」是正勧告で公表へ(リンクはこちら) 違法な長

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

アドセンスサイドバー

  • 【紙月】
    紙媒体を中心に書くライター。
    福祉業界での実務経験がない中で、
    社会保障制度を詳しく学びたいと
    社会福祉士めざして一念発起。
    仕事の合間を縫って効率的な勉強法を実践し、
    第27回試験に一発合格。
    ツイッター @kamitsuki2



    にほんブログ村 介護ブログ 社会福祉士へ
    ↑ブログランキング、ぽちっと参加中!
  • 社会福祉士受験生の方や福祉関係の方など、
    ぜひ登録お願いします!
    follow us in feedly   RSS
PAGE TOP ↑