*

国内初の「コミュニティ型こどもホスピス」、大阪・鶴見区にできるってよ!

公開日: : 福祉のはなし

「ホスピス」って知ってますか?

病気の完治が難しい患者さんたちに対して
最後まで自分らしく落ち着いた環境で暮らせるよう
医療的・精神的な支援を手掛ける施設
のことです。

自分には明日も命があるんだろうか。
そんな不安と闘いながら、それでも最後まで自分らしくありたいと
ホスピスで暮らす人々が国内には大勢います。

こうしたホスピスの利用者は成人が多いんですが、
世界的にみると、同じように難病を抱える子どもたちを支援する
「子どもホスピス」と言われるような施設も存在します。

そして日本にも、そんな子ども向けのホスピスが
今年12月、大阪・鶴見区に完成することになっています。

その名も「TSURUMIこどもホスピス」

kodomohosupisu
(画像はホームページより)

この施設はけっこう革新的なのですが、
いったいどの辺がすごいんでしょうか。

ちょっとだけご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

今までなかった「地域に開放されたホスピス」

ホスピスはその施設の性格上、
緊急時に医療が受けやすいように病院に併設されていることも多く、
あまり部外者が関わる機会がない場所でした。

しかし、このTSURUMIこどもホスピスは違います。

施設が目指すのは、外部に開放されて
一般の子どもたちも遊びに来られる
ような
「コミュニティ型」の子どもホスピス。

施設の一部を一般に開放することで
難病の子どもたちと普通の子どもたちが触れ合ったり、
その保護者同士が交流できる拠点をつくります。

ホスピスの現状はこれまでほとんど知られていませんから、
実際に当事者たちと触れ合う機会が増えることで
社会的な支援も得やすくなるかもしれませんね。

さらに、施設のもう一つの理念は
「子どもと家族の『やりたい』をかなえる」こと。

難病と闘っている子どもたちだって、
庭でひなたぼっこをしたり、料理を作ったり、楽器に触れたりしたい。

親たちは、そんな時間を子どもと一緒に楽しんだり
時にはちょっとお休みして、自分だけの時間を満喫したりしたい。

そんな願いを実現するために、
施設にはプレイルームなどの遊び場所をしっかり設けるほか、
家族で一緒の時間を過ごせるリビングや宿泊施設も完備。

さらに、時にはボランティアたちが子どもの世話をすることで
保護者たちに自由な時間を満喫してもらうことも目指すそうです。
(いわゆるレスパイトケアです)

医師や看護師、教師、保育士など多様なボランティアがスタッフをつとめ
施設自体は企業や個人からの寄付金で運営されるため、
無料で利用できる
ことも大きなポイントですね。

新しい一歩 将来の進展に期待!

子ども向けのホスピスは
1982年にイギリスのオックスフォードに設立され、
それ以降、世界中に広がりつつあるそうです。

ただ、日本ではこういった施設はほとんどないらしく、
一般社団法人こどものホスピスプロジェクト(CHP)という団体が
施設の立ち上げに向けて地道に活動していたところ、

そのアイデアが衣料品大手ユニクロのプランコンテストで採用。
さらに、以前からCHPを支援していた日本財団も加わって、
3者が協働して施設を立ち上げることになった、という流れだそうです。

まだまだ始まったばかりの取り組みですし、
実際に施設もできていない状況ですが、
すごく可能性を感じます。

ぜひうまくいってほしいと思いますし、
施設が完成したら、僕も遊びにいってみたいと思います。

アドセンスサイドバー


関連記事

gakkou2

「夜間中学」、生徒の8割は外国人 変わる意義、変わらぬニーズ

8日に発表されたニュースで、興味深い話がありました。 「夜間中学」生徒、8割が外国人 類似の取

記事を読む

頑張れドラえもん! 大山のぶ代さんが認知症で闘病中

「国民的アニメ」と言われて思いつくモノは いくつかあると思いますが、 そのうちの一つは、間違

記事を読む

dakko_himo

落下事故が相次いでいた「抱っこひも」に新安全基準

小さい赤ちゃんをお父さんやお母さんが抱えるときに使う「抱っこひも」。 (画像はこちらのサイ

記事を読む

odoroki

「厚労省が介護福祉士と保育士の資格統一を検討」…って本気!?

この前、NHKで非常に興味深いニュースが流れていました。 「厚生労働省は、介護福祉士と保育士の

記事を読む

kaimono

買い物弱者「推定700万人」! 知っておくべき「都市型」ケースとは

2014年の買い物弱者は700万――。 そんな驚きの推計結果が公表されました。 いったいなぜ

記事を読む

overwork

過労死をなくす覚悟、ホントにあるの? 過労死防止大綱(素案)に物申す

今日も働き方に関する話題を。 4月6日に厚労省が、「過労死防止大綱」の素案を公表しました。

記事を読む

ikupapa

「男性の育休取得率13%」達成は可能か ~少子化社会対策大綱を読む~

みなさんの周りの男性で、育休をとった人っていますか? もしいるとしたら、その方はかなりレアケースで

記事を読む

川崎簡易宿泊所火災 再発防止に「スプリンクラー設置」は有効か

神奈川県川崎市の簡易宿泊所で17日未明に火災があり、 2棟が全焼、5人が死亡しました。 燃え

記事を読む

ikujibun

「育児休暇」ならぬ「育自分休暇」というナイスな制度

朝日新聞のサイトを見ていたら 「(へぇな会社)サイボウズ 育児ならぬ『育自分』休暇」 という見出

記事を読む

【メモ】フィンランドの「育児パッケージ」がすごい

最近よくフィンランドの話題を書いてますけど、 またまたネットで面白い情報を見つけました。 フ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

アドセンスサイドバー

  • 【紙月】
    紙媒体を中心に書くライター。
    福祉業界での実務経験がない中で、
    社会保障制度を詳しく学びたいと
    社会福祉士めざして一念発起。
    仕事の合間を縫って効率的な勉強法を実践し、
    第27回試験に一発合格。
    ツイッター @kamitsuki2



    にほんブログ村 介護ブログ 社会福祉士へ
    ↑ブログランキング、ぽちっと参加中!
  • 社会福祉士受験生の方や福祉関係の方など、
    ぜひ登録お願いします!
    follow us in feedly   RSS
PAGE TOP ↑