*

「厚労省が介護福祉士と保育士の資格統一を検討」…って本気!?

公開日: : 最終更新日:2015/03/26 福祉のはなし

この前、NHKで非常に興味深いニュースが流れていました。

「厚生労働省は、介護福祉士と保育士の資格統一を検討する考え」なんだとか。

これってホント?

というか、そんなこと可能なの?

スポンサーリンク

狙いは「福祉事業の横断化」と「大規模化」

ニュースが流れたのは3月14日。

いま現在だとまだネットでニュース本文が見られますが、
NHKは割と記事を消すのが早いので、引用しておきます。

厚生労働省は、地方などの福祉施設で今後、人手不足が深刻化し、存続が難しくなるケースも予想されるとして、介護施設や保育施設などを1つにまとめて運営できるよう規制を緩和することや、介護福祉士や保育士などの資格を統一することを検討する考えです。
厚生労働省は、▽介護職員が、いわゆる団塊の世代がすべて75歳以上となる10年後の2025年に全国でおよそ33万人不足する一方、▽保育士は、2018年に全国でおよそ7万人足りなくなると推計しており、地方や中山間地域の福祉施設で人手不足が深刻化し、存続が難しくなるケースも予想されるとしています。
こうした状況を受けて、厚生労働省は、介護施設や保育施設、障害者施設を1つにまとめて運営できるよう規制を緩和することや、将来的に介護福祉士や保育士、准看護師などの資格を統一することを検討する考えです
。厚生労働省は、こうしたことが実現すれば、1人の職員で高齢者の介護と乳幼児の保育に当たることができるようになり、職員が少なくても福祉施設の運営が可能になるとしており、近く省内に作業チームを設け、福祉施設の団体などからのヒアリングを始めることにしています。

この記事でいうと、厚労省が検討していることは次の2点。

(1)「介護施設や保育施設、障害者施設をまとめて運用できるようにする」
(2)「将来的に介護士や保育士、准看護師などの資格の統一を検討」

現状でどんな規定があってネックになっているのか、
細かい説明がないのではっきりわかりませんが
(1)については、それほど難しくないかもしれません。

特に、厚労省は最近の社会福祉法人改革の議論でも
規模の小さい社会福祉法人に対して
経営安定のために合併なり事業譲渡して大規模化するよう求めています。

社福法人は税制で優遇されてるんだから、
大規模化して手広く福祉事業を手掛けつつ、
人材育成もしっかりしてね、みたいな考え方です。

この流れの延長でいけば、体力のある社福法人に対して
こうした福祉領域の施設経営を横断的に認めることは
むしろ当然起こることなのではないかとも思います。

資格の統一には疑問点がいっぱい

問題は(2)の資格の統一です。

こっちも発想としては、資格を統一すれば
福祉領域に横断的にかかわれる人材が増えるじゃん!
という感じなのですが、これはちょっと無茶でしょう。。。

というのも、例にあがっている
「介護福祉士」と「保育士」と「准看護師」で
受け持つ仕事の領域があまりに違いすぎる
からです。

ざっくりと人の世話をする、というくくりでは同じでも、
高齢者相手か、子供相手か、病人相手かでは
そこで求められるスキルがまったく異なってきます。

だって、ちびっこを相手に働く保育士さんたちが、
麻痺のある高齢者の介助を行う際には、
原則として患側に立って安全を確保する
とか
たぶん知りませんよね? (…もしかして習うのか?)

まあ仮に知識としては習っていたとしても、
現場ですぐに対応できるレベルでは
身についていないのではないかと想像します。

そんな資格を統一することもあり得るなんて、
いったいどんな広範囲な試験を課すつもりなんでしょうかね。
(想像するだけでも、受験はしたくないなと思います)

ここまで分野横断的な資格にしてしまうと
かえって取得へのハードルが高くなって
ますます人員不足に拍車をかける懸念
すらあります。

読めば読むほど、謎がわくばかりです。。。

厚労省が世間の反応を見ているのかも?

もうちょっと情報が欲しくて色々調べましたが、
現状で確認できた範囲だと、
このニュースを流したのはNHKだけみたいです。

現場の人にとってはかなりビックリなニュースなのに
他のメディアが後追いしない(できない?)ところを見ると、
厚労省がNHKにだけ情報を流して、
世論を探るアドバルーン代わりにしたのかもしれません。

150326追記)
ごめんなさい、このあたりの予測は完全にうそっぱちでした…
こちらのエントリーに追加情報を書いたのでご覧ください。

どちらにしても、計画が具体的になれば大きな変革になります。
いったいどんな方向に制度が進んでいくのか、
しっかりと経過をウオッチすることにします。

アドセンスサイドバー


関連記事

全国の1510施設で高齢者虐待の疑い! 日本は安心して老いれる国か

11日の朝日新聞1面にこんな見出しの記事が載っていました。 1510施設で高齢者虐待の疑い 2

記事を読む

homeless

「ホームレスの実態調査」がまったく実態を表していない理由

4月末に厚労省から 「ホームレスの実態に関する全国調査(概数調査)結果について」 という調査結果

記事を読む

oyako

知っておこう! 4月4日は養子縁組の日!

4月4日は養子縁組の日。 4・4でようし、ってことですね。 これは日本財団が定めたもので、

記事を読む

2035年の保健医療に異議アリ? 塩崎大臣に物申そう

厚労省がこんな募集をしています。 “塩崎大臣へ、私のアイディア2035”(「2035年の保健医

記事を読む

kaigo

特養の入所、要介護3以上に限定! 2015年度介護保険法改正のポイント

春。4月。新年度。 とかく「フレッシュ」なイメージがありがちなこの季節。 とはいえ決して

記事を読む

もっと学ぼう、成年後見制度!

本日はちょっとバタバタしているため短いですがごめんなさい。 成年後見制度、仕組みはあれど、まだ

記事を読む

gyakutai

11月は「児童虐待防止推進月間」 厚労省が標語を募集中

日々のニュースを見ていると、 子どもをめぐる悲惨な虐待事件が後を絶ちません。 2月には、10

記事を読む

ikujibun

「育児休暇」ならぬ「育自分休暇」というナイスな制度

朝日新聞のサイトを見ていたら 「(へぇな会社)サイボウズ 育児ならぬ『育自分』休暇」 という見出

記事を読む

ブラック企業に要注意! マンガで学ぶ労働法Q&A

本日も仕事に関する話題を。 厚労省のサイトを見ていたら、 ちょっと面白そうな資料をみつけまし

記事を読む

kosodate_center

今度は「日本版ネウボラ」? 子育て支援のワンストップ窓口構想を解説!

世界でも例がない超高齢化社会が進行中の日本にとって、 子どもを増やすための子育て支援は もっとも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

アドセンスサイドバー

  • 【紙月】
    紙媒体を中心に書くライター。
    福祉業界での実務経験がない中で、
    社会保障制度を詳しく学びたいと
    社会福祉士めざして一念発起。
    仕事の合間を縫って効率的な勉強法を実践し、
    第27回試験に一発合格。
    ツイッター @kamitsuki2



    にほんブログ村 介護ブログ 社会福祉士へ
    ↑ブログランキング、ぽちっと参加中!
  • 社会福祉士受験生の方や福祉関係の方など、
    ぜひ登録お願いします!
    follow us in feedly   RSS
PAGE TOP ↑