*

5月5日からは児童福祉週間 子どもの「輝く場所」を考えよう

公開日: : 福祉のはなし ,

5月5日はこどもの日。

そして、この日から1週間は、
子どもや家庭について国民全体で考える児童福祉週間でもあります。

きょうはその内容についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

児童福祉の理念は「健やかに育っていくこと」

児童福祉法第1条1項には、
「すべての国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、
且つ、育成されるよう努めなければならない」

とうたわれています。

子どもは勝手に育つのではありません。
私たち国民が、そうなるように見守っていくんです。

この理念を広げることが、福祉週間の目的の一つです。

親としての立場がある人なら、
自分は仕事一辺倒にならずに子どもを見守れているだろうか

小さいきょうだいがいる人なら、
年長者としてしっかりちびたちを支えてあげられているだろうか

近所に小さい子どもたちが多いという人なら、
子どもたちが安全に遊べる地域コミュニティをつくれているだろうか

などなど、

それぞれの立場を振り返りながら、
自分と子どもたちがどうつながっているのか
どんな支援ができているのか、考えてみると良いのではないでしょうか。

全国各地でイベントもあります!

さらにさらに、児童福祉週間ということで、
全国の自治体では色々とイベントが行われます

鯉のぼりの掲揚や子どもたちが楽しめるお祭り、
家族が一緒に楽しめる体験イベントもあるそうです。

こちらのファイルにイベントの一部が載っているので、
興味のある方はぜひ行ってみてください。

障害のある子どもたちのことも考えて

そして、福祉週間の目的の一つには、
「障害のある子どもたちへの理解の促進」
も含まれています。

私は社会福祉士試験を受けるにあたって通っていた養成施設で、
現場実習の一環として、障害のある子どもたちと
接する機会がありました。

その中で改めて強く感じたのは、
障害を持つ子どもたちが安心して生きていける支援体制は
まだまだ日本には存在しない
、ということです。

大々的なイベントはないかもしれませんが、
障害のある子どもたちの環境にも、
少しだけ思いを馳せてもらえれば嬉しく思います。

世界には君の輝く場所がある

児童福祉週間にあたって、毎年標語が募集されているんですが、
今年は「世界には 君の輝く 場所がある」に決まったそうです。

まさにこの標語の通り、
子どもたちは将来どんな道にでも進むことができる
光り輝く可能性のかたまりです。

しかし、つい先日もこちらのエントリーで触れましたが、
日本の児童虐待をめぐる環境は悪化の一途をたどっています。

可能性に満ちた子どもたちが
健康に、安全に成長していける社会は、
きっと誰もが生きやすい社会です。

この機会に、子どもの福祉について少し考えてみませんか?

アドセンスサイドバー


関連記事

「老後の介護は地方都市で」という”姥捨て”政策

日本創生会議の衝撃的な提言 2025年の東京圏(東京、埼玉、千葉、神奈川)の介護需要は 20

記事を読む

shuukatsu

性的少数者(LGBT)の就活のいまを考える

4月に入って、街中ではリクルートスーツに身を包んだ 就活生を見る機会がぐっと増えました。 普

記事を読む

全国の1510施設で高齢者虐待の疑い! 日本は安心して老いれる国か

11日の朝日新聞1面にこんな見出しの記事が載っていました。 1510施設で高齢者虐待の疑い 2

記事を読む

kosodate_center

今度は「日本版ネウボラ」? 子育て支援のワンストップ窓口構想を解説!

世界でも例がない超高齢化社会が進行中の日本にとって、 子どもを増やすための子育て支援は もっとも

記事を読む

greenlight

中途失明の原因第1位! 40代以上にとって恐怖の病気「緑内障」

もう1日過ぎてしまいましたが、 3月8日~14日は「世界緑内障週間」でした。 この機会に緑内

記事を読む

ikujibun

「育児休暇」ならぬ「育自分休暇」というナイスな制度

朝日新聞のサイトを見ていたら 「(へぇな会社)サイボウズ 育児ならぬ『育自分』休暇」 という見出

記事を読む

kodomo

ギリギリの人数で障害児を見守る、綱渡りの療育現場

本当に残念なニュースが入ってきました。 大阪・豊中市で2月末から行方不明だった6歳の男児が

記事を読む

kunieda3

錦織だけじゃない!! テニス界の日本人スーパースター!

現在開催中のテニス全仏オープン。 現地では世界最高峰の戦いが繰り広げられていますが、 日本人にと

記事を読む

【メモ】フィンランドの「育児パッケージ」がすごい

最近よくフィンランドの話題を書いてますけど、 またまたネットで面白い情報を見つけました。 フ

記事を読む

oyako

知っておこう! 4月4日は養子縁組の日!

4月4日は養子縁組の日。 4・4でようし、ってことですね。 これは日本財団が定めたもので、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

アドセンスサイドバー

  • 【紙月】
    紙媒体を中心に書くライター。
    福祉業界での実務経験がない中で、
    社会保障制度を詳しく学びたいと
    社会福祉士めざして一念発起。
    仕事の合間を縫って効率的な勉強法を実践し、
    第27回試験に一発合格。
    ツイッター @kamitsuki2



    にほんブログ村 介護ブログ 社会福祉士へ
    ↑ブログランキング、ぽちっと参加中!
  • 社会福祉士受験生の方や福祉関係の方など、
    ぜひ登録お願いします!
    follow us in feedly   RSS
PAGE TOP ↑