*

東田直樹さんという自閉症世界の通訳者

公開日: : 福祉のはなし

日付が変わってしまいましたが、昨日は4月2日。
こちらのエントリーでも紹介した通り、
世界自閉症啓発デーでした。

ニュースを見ると、東京の表参道は結構盛り上がったみたいですね。
(写真が転載不可だったのでコチラをどうぞ)

さて、せっかくなので自閉症に関する話題を。

東田直樹さんという人を知っていますか?

僕はNHKの番組を見ていて知ったのですが、
東田さんは自閉症を抱えていて、その存在に最近注目が集まっています。

今日はそんな東田さんについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

必見!「君が僕の息子について教えてくれたこと」

僕が見たNHKの番組というのが、
「君が僕の息子について教えてくれたこと」
と題したドキュメンタリーです。

東田さんは、13歳だった2007年、
「自閉症の僕が飛び跳ねる理由」という本を書きました。

higashida

Q&Aで書き進められているこの本は、
自閉症の人々にとって多くの人が感じる疑問に対して
東田さん自身が考える答えを書き綴っています。

出版当時はそれほど話題にならなかったそうですが、
この本に感銘を受けたアイルランドの作家が英訳したことで
いまや世界中で注目を集めているそうです。

なぜその作家は、わざわざ東田さんの本を英訳したのか。

それは、この作家さんに、自閉症を抱える息子さんがいたから。

後述しますが、東田さんの本には、自閉症を持っている自分が
普段どんなことを考えているのか、どう感じているのか
その世界の一端が書かれています。

作家は東田さんの本を読んだとき、
これまでしっかりと理解できていなかった自分の息子が、
東田さんの本を通じて自分に語り掛けているかのように感じた
そうです。

東田さんとこの作家さんの交流を記録したこのドキュメンタリー、
とっても良いできで、たまたま見ていた僕は
食い入るように見入ってしまいました。

NHKオンデマンドなどでも見られますので
興味のある方にはご覧になることを強くお勧めいたします。

東田さんの本は自閉症の世界の「通訳」

で、そんな映像を見せられると、やっぱり本も読みたくなるもの。

さっそくアマゾンで注文しましたが、同じことを考える人が多かったのでしょう、
発送されるまでにずいぶんと待たされました。

実際に届いた本を読んでみると、
確かにこれはすごい! と思わせられます。

ちょっとだけ、中身の記述を紹介します。

Q「いつも同じことをたずねるのはなぜですか」

A「僕はいつも同じ事を聞いてしまいます。(中略)どうしてかというと、聞いたことをすぐに忘れてしまうからです。(中略)物事がわかっていないわけではありません。記憶の仕方がみんなとは違うのです

Q「小さい子にいうような言葉使いの方がわかりやすいですか」

A「僕たちだって成長しているのに、いつまでたっても赤ちゃん扱いされます。(中略)赤ちゃん扱いされるたび僕はうんざりするのです。(中略)みじめな気持になり、僕たちには永遠に未来は訪れないような気がします

自閉症の人たちの世界を正確に理解することは困難を極めます。
言語での明確なコミュニケーションが難しく、
思いをはっきりとつかみとれないからです。

それが、東田さんの本では、
あくまで彼が考えていることではありますが
自閉症の人々がどんな世界で生きているのか
そのヒントを知ることができます。

自閉症の人たちは、とっても誤解されやすいです。

突然動いたり、奇声をあげたり。
事情を知らない人からみると、思わず避けたくなるかもしれません。

かくいう僕も、自閉症に対してとっても無知でした。
社会福祉士の実習で初めて近くで触れ合って
どう振る舞えばいいんだろうと、ちょっと悩んだことを覚えています。

悪意はなくても、そうした無知の積み重ねが、
自閉症の人たちに対する不寛容や、
偏見につながっているのかもしれません。

知らないことには、人間の行動は変わりません。

その点、東田さんの本はとっても簡単な言葉で書かれていますし、
未知だった自閉症の世界をわかりやすく通訳してくれます。

今回の自閉症啓発デーで少しでも自閉症に関心を持った方がいたら、
もう少し知識を深めるために、東田さんの本を読んでみてはいかがでしょうか。

アドセンスサイドバー


関連記事

全国の1510施設で高齢者虐待の疑い! 日本は安心して老いれる国か

11日の朝日新聞1面にこんな見出しの記事が載っていました。 1510施設で高齢者虐待の疑い 2

記事を読む

book

【書評】「超高齢社会の基礎知識」を読む

最近あんまり本を読めていないのですが、 前に買って積ん読状態だった本を読んだので軽く記録。

記事を読む

saitourie

【統一地方選】当選したマイノリティ候補紹介(続き)

先日こちらのエントリーで、 統一地方選後半戦の結果について少しだけ書きました。 まだご紹介で

記事を読む

2035年の保健医療に異議アリ? 塩崎大臣に物申そう

厚労省がこんな募集をしています。 “塩崎大臣へ、私のアイディア2035”(「2035年の保健医

記事を読む

その交通事故、緑内障が原因かも?

以前、こちらのエントリーで 40歳以上の20人に1人は緑内障であるらしい という統計についてお知

記事を読む

ninpu

【解説】妊娠・出産・復職 1年以内の降格ダメ! ~マタハラをめぐる厚労省通知を読む~

女子社員「課長、わたし、妊娠したんです!」 課長「それは体が大事だね、仕事を辞めたほうがいいん

記事を読む

kosodate_center

今度は「日本版ネウボラ」? 子育て支援のワンストップ窓口構想を解説!

世界でも例がない超高齢化社会が進行中の日本にとって、 子どもを増やすための子育て支援は もっとも

記事を読む

jidouweek

5月5日からは児童福祉週間 子どもの「輝く場所」を考えよう

5月5日はこどもの日。 そして、この日から1週間は、 子どもや家庭について国民全体で考える児

記事を読む

プリント

「小1の就きたい仕事」から考える、福祉職の現在地

先日ちょっとした話題になってましたが、 素材メーカーのクラレが実施している 新小学1年生の就きた

記事を読む

kaigo

特養の入所、要介護3以上に限定! 2015年度介護保険法改正のポイント

春。4月。新年度。 とかく「フレッシュ」なイメージがありがちなこの季節。 とはいえ決して

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

アドセンスサイドバー

  • 【紙月】
    紙媒体を中心に書くライター。
    福祉業界での実務経験がない中で、
    社会保障制度を詳しく学びたいと
    社会福祉士めざして一念発起。
    仕事の合間を縫って効率的な勉強法を実践し、
    第27回試験に一発合格。
    ツイッター @kamitsuki2



    にほんブログ村 介護ブログ 社会福祉士へ
    ↑ブログランキング、ぽちっと参加中!
  • 社会福祉士受験生の方や福祉関係の方など、
    ぜひ登録お願いします!
    follow us in feedly   RSS
PAGE TOP ↑